医療法人 寿山会   喜馬病院トップサイトマップお問い合わせ交通アクセス職員採用|
医療法人 寿山会 喜馬病院 内視鏡外科センター
詳しく知ろう内視鏡外科手術
代表的な手術例
その他疾患
内視鏡外科手術Q&A
スタッフ紹介
内視鏡外科手術実績
詳しく知ろう内視鏡外科手術
●手術室を視る
 
手術の様子写真とイラストは手術室の様子。
直径5~10mmのポートが体内に入る程度の切開のみなので、手術あとは小さくて済むます。
イラストの腹部には4本のポートが挿入されています。
 
腹腔内を映し出したモニタ画面腹腔内はモニタ画面に映し出され、それを見ながら
内視鏡外科医は手術を行います。
写真は胆嚢摘出手術中の腹腔内の様子。
3本の鉗子を使い、胆嚢を切り取ろうとしています。
 
 
鉗子類がポートから挿入されているポートという、鉗子などを体内に挿入するための通路の役割を果たす、直径5~10mmの器具を小さな切開部から挿入し、そのポートから、腹腔鏡および鉗子類を挿入して手術を行います。
また、ポートには炭酸ガスが漏れないよう工夫されています。
 
 
内視鏡外科手術に用いる器具類 ポートから挿入する超音波凝固切開装置や鉗子類の数々です。これらの器具の進歩により、適応疾患が飛躍的に拡大されました。太いものは直径10mm、細いものは直径5mmです。
 
内視鏡外科手術は外科手術の革命
1990年に腹腔鏡下胆嚢摘出術が日本に導入されて以来、爆発的に普及し、その適応疾患も急速に拡がりつつあります。この手術方法は従来の手術の概念を全く変えてしまうもので、これまでの外科手術にとって革命的な出来事といえます。

治療期間の短縮により患者さまのQOL(Quality of Life:生活の質)の向上(疼痛の軽減、早期退院、早期社会復帰など)と、医療費の節減が得られる事などから、まさに“理想的な手術”ではないでしょうか。
内視鏡外科手術は日進月歩の分野
 
コンピュータなどの電子機器と同様に内視鏡外科手術の器機も飛躍的に進歩し、これまでとても考えられなかった事が可能になってきました。
従って日々次々と開発、改良されていく器機を思い通りに使いこなし、安全に手術を行わねばなりません。

その為には、内視鏡外科医はそれらの技術を習得し、充分に習熟する事が大変重要となります。この手術は言い換えれば、手術器具もさることながら、それを駆使しうる高度な技術を必要とする特殊技能手術なのです。 従って、どこの病院でも安全に同じレベルの手術が受けられるという訳ではありません。
不可能を可能にした装置(器具)たち
 
内視鏡外科手術にかかせない最新映像システム内視鏡外科手術を行うには多くの手術器具と装置が必要です。そのどれもその時代の最先端を行く装置(器具)です。

特にビデオカメラシステム(3CCD)と、超音波凝固切開装置(出血せずに切開できる装置)の進歩は、内視鏡外科手術の適応となる疾患を飛躍的に拡大させました。

これらにより手術を安全かつ迅速に行う事が可能となり、その上、術後の合併症の減少につながるという画期的な装置類です。 手術に欠かせない気腹器や高画質映像システムには、最新技術がつぎ込まれています。
 
 
喜馬病院
TEL 072-961-6888(代表) FAX 072-965-2836
〒578-0941 東大阪市岩田町4-2-8
ページトップへ
Copyright©2003-2005 Kiba Hospital, All Rights Reserved.