外科手術・治療情報データベース事業について

 

本事業は、専門医制度と連携したデータベース事業です。

関連する多くの臨床系学会が連携し一般社団法人 National  Clinical  Database(NCD)を立ち上げました。

日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することにより、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡。合併症の危険性などを明らかにすることができます。これらのデータは医療の質の向上に役立て、より良い医療を提供するために利用されます。

当院では、外科における手術症例について登録を開始しています。

行われた手術を治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するために必要な情報を登録します。

これらの登録情報は匿名化され、容易に患者様個人を特定することはできないものですが重要な情報ですので厳重に管理いたします。

NCDに登録することで患者様に不利益が生じることはありません。

また、登録については患者様の自由な意思によりますので、拒否することも可能です。データを登録されたくない場合はスタッフにお伝え下さい。

何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

より詳細な情報についてはNCD(一般社団法人 National  Clinical  Database)ホームページに記載されていますのでそちらもご覧下さい。

http://www.ncd.or.jp